dnfts_08.jpg

Do not forget the source

original artwork

wooden panels, calligraphy pen, spray paint

 
 
 

Style
54 wood panels with calligraphic handwritten text (ink). 6 colours were spray-painted over the panels.

Concept
The 54 wood panels with the handwritten messages represent the 54 nuclear power plants in Japan.
 Each of the colours that are spray-painted over the panels has its own cultural and emotional association: peacock green represents the nature and resources, blue represents the sky and water, orange represents the sun and its warmth, yellow represents cautiousness and bright future, red represents love, blood, and energy — which is an important element of the artwork. These five colours were sprayed over by the top layer with the colour gold, which has a contradictory connotation, and symbolises both monetary power and Earth’s limited resources.
 The message raises awareness in our reexamination of lifestyle in relation to the operation of nuclear power plants, and challenges the idea and definition of prosperity, convenience and wealth.

Message
Convenience does not define prosperity. Our convenient lifestyle has deprived our ability in risk management. It is only natural for all mankind to have equality, all voices to be spoken and all messages to be delivered. These rights should never be infringed. NO NUKES. Nuclear power plants are not to be approved.
 Listen carefully, The point of no turning back is just around the corner.

スタイル
手書きのメッセージと6色のスプレーペイントを施した54枚の木版。

コンセプト
手書きのメッセージを込めた54枚の木板は、日本にある54機の原子力発電所を表しています。 木板上に表現したそれぞれの色に、自身の文化や感情への想いを込めています。ピーコックグリーンは自然や資源を、ブルーは空や水を、 オレンジは太陽や温もりを、イエローは警戒心や明るい未来を、レッドは愛や生命、行動する力を象徴し、本作品における重要な要素として存在します。 これら5色の上にゴールドを使用し、矛盾を含む様、金銭と地球有限の資源の両方を表します。 本作品は、原子力発電所の稼働に関係する我々の生活様式を見直す意識を高め、繁栄や利便性、豊かさへの考え方や定義に異議を唱えるものです。

メッセージ
豊かな生活は便利を意味するものではない。 便利な生活が人間から危機管理を奪い去った。 危機管理は自然と共生することで身に付く。 自然はすべての人に平等にある。 自然はすべてを語ってくれる。 それを利権で壊すことは絶対に許されない。NO NUKES 原子力発電所は絶対に認めない。 しっかり耳を傾けて。 戻すことのできない瞬間がすぐそこまで来ていることを。